歯並びをよくする(矯正歯科)

「歯並びがガタガタ」「前歯が出っ張っている」「受け口が気になる」とお子様の歯並びについて、心配になることはありませんか?歯並びの乱れは見た目が気になるのはもちろん、お口の環境や身体の成長などにも悪影響を与えます。

和歌山市の歯医者「こじまデンタルクリニック」では、お子様の矯正治療にも対応いたしており、お子様の歯並びの状態や悪習癖の有無などを確認した上で、最適な治療方法をご提案しています。お子様の歯並びが気になるという方は、お早めにご相談ください。

どうして歯並びが悪くなるでしょうか?

歯並びが悪くなる原因は、遺伝的な要因と後天的な要因の2つに分けられます。親の歯並びが遺伝することはよくご存知だと思いますが、それだけではありません。両親の歯並びが良くても、悪い歯並びのお子様がいるように個人の生活習慣が要因となり、歯並びが悪くなることもあるのです。

遺伝

顔が親に似てくるのと同様で、顎の形や大きさ、そして1本1本の歯の形や大きさなどもある程度は遺伝します。例えば、親が受け口の場合、お子様も同じく受け口になる可能性が高いと言えます。

歯はごく弱い力であっても継続的な力が加わると移動します。例えば、爪噛みの癖が長期わたると、上の前歯と下の前歯に隙間ができる開咬という不正咬合になることがあります。そのほかに、指しゃぶりや唇や舌の癖を噛む癖などは、直接歯に力がかかるため、出っ歯や受け口など不正咬合の症状が現れやすいと言えます。

乳歯の虫歯

乳歯には、永久歯が生えてくる場所を確保するという重要な役割があります。乳歯を虫歯のまま放置して形が変わったり、抜けたままにしておくと、初めての永久歯が生えてきたときに正しい位置に生えずに歯並びが悪くなることがあります。

口呼吸

本来、口は閉じているものです。常に口が開いた状態でいると、唇で歯を押さえる力が弱くなり、舌の位置が変わったり、顔の筋肉のバランスが崩れ、受け口や出っ歯の原因になることがあります。また、顔面の発育・成長にも悪い影響を及ぼしますので、早めに治療が必要となります。

食生活の習慣

いつも片側の歯で食べ物を噛んでいると、顎がずれてくることがあります。また、柔らかい食べ物ばかりを食べていると顎が未発達になり、顎が小さいままになってしまいます。小さい顎に歯が並びきらないと、歯並びが悪くなってしまいます。

歯ならびチェック

歯並びの乱れは見た目だけの問題ではありません。歯のお手入れがしにくいことで虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、正しい発音がしづらくなったりなど、さまざまな問題が生じる可能性があります。お子様の歯並びに以下のような症状が見られたら是非ご相談ください。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」です。上の歯が下の歯よりも過剰に前方に突出している状態を指します。前歯が出ているので、唇が前方に突出して半開きになりやすいのが特徴です。上の歯だけが出ている場合もありますが、顎の骨が前後にズレていることが原因になっていることもあります。

叢生(そうせい)

叢生とは、歯並びがデコボコに重なっている歯の状態を指します。叢生の主な原因は、顎の骨が小さく、歯が並ぶ充分なスペースが無いために、歯が重なりあって生えてくることで起こります。八重歯(やえば)は典型的な叢生の症状です。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突とは、「受け口」とも言い、骨格的に下顎が大きい状態のことを指します。原因は前歯だけが位置的に前後している場合もありますが、顎の骨格ごと前後にズレていることも多くあります。

開咬(かいこう)

開咬とは、奥歯でしっかり咬んでも、前歯が咬み合わない状態の歯並びを指します。開咬は歯列によるものと骨格によるものとに分かれ、幼年期の指しゃぶり、舌の使い方や癖、アゴの骨格など様々な原因が考えられます。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列とは、「すきっ歯」とも呼ばれ、歯と歯の間に隙間が出来ている歯並びのことを言います。叢生とは反対に、顎の大きさに対して歯が小さい場合や、歯の数が足りない場合におこりやすい不正歯列です。前歯にこの症状がある場合、非常に目立ってしまいます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合とは、上の前歯が下の前歯に深くかみ込み過ぎている状態のことを指します。咬み合わせた状態で前から見ると下の前歯があまり見えないのが特徴です。稀に下の前歯が上の前歯と咬み合わずに、前歯の裏側の歯肉を咬み込んでしまっている場合もあります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合とは、「すれ違い咬合」とも言われ、左右いずれかの奥歯または前歯が横にずれている咬み合わせのことです。奥歯でものを強くかんだり、歯をくいしばったりすることができないこともあります。

矯正治療について

矯正治療の目的は、「キレイな歯並び」と「正しい咬み合わせ」をつくることです。キレイな歯並びは素敵な表情をつくりだす重要な要素です。

もし、歯並びが気になり、コンプレックスがあると、心から笑えることが出来なくなるかもしれません。

また、正しい咬み合わせは、虫歯・歯周病の予防や改善に繋がりその結果、自分の歯を長持させる事になります。

キレイな歯並びと正しい咬み合わせをつくりだすことは、お子様の体と心の健康を手に入れるためにとっても有効な治療です。

矯正治療はⅠ期治療とⅡ期治療に分かれます

治療は、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期に実施する骨格の矯正あるいは悪習癖の矯正治療です。

歯並びが悪くなる原因の1つは、歯と顎の大きさのアンバランスです。歯のサイズに対して歯が生えそろう土台となる顎が小さいと歯が並びきれずに歯列が乱れます。

この場合は、顎の骨の成長をコントロールして、永久歯が健康に生え揃うためのスペースをつくることが必要です。

歯並びを悪くするもう1つの原因は、舌の癖、口呼吸などの悪習癖(生活習慣的な要素)が挙げられます。歯並びは口周りの筋肉(舌・頬・唇)のバランスで成り立っています。例えば、頬の筋力が強いのに、舌の力が弱いと、歯が後方へ移動して歯並びが悪くなります。この場合、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を訓練することで、間接的に歯並びを改善していくことが有効です。

Ⅱ期治療は、歯にワイヤーとブラケットを取り付けて、直接的に歯を動かす矯正治療です。一般的には、全ての歯が永久歯に生え変わってから実施します。

つまり、Ⅰ期治療は骨格の矯正、あるいは悪習癖の矯正であり、Ⅱ期治療は歯列の矯正というように考えることができます。Ⅰ期治療を行えば、Ⅱ期治療そのものが必要でなくなったり、期間が短くなったり、歯の抜歯リスクを低下させることができます。

小児期に矯正治療を受けるメリット

顎と歯の大きさのアンバランスを解消できる

成人になると顎の骨格的成長と歯並びが既に完成しているため、顎と歯の大きさの不調和を改善することができません。しかし、小児期は骨格の成長段階にあるので、その成長をコントロールすることで、顎と歯の大きさのアンバランスを解消することができます。

顎や顔貌の正しい成長を導く

小さい時から歯並びや咬み合わせが悪いと、咬む力のバランスが乱れたまま成長するので、顔貌が歪んでしまったり、顎関節症(がくかんせつしょう)になる恐れがあります。小児期に矯正を受けることで、悪い咬み合わせを修正できれば、顎や顔貌のバランスが整いやすくなります。

抜歯のリスクを減らせる

大人になってから矯正治療は、顎の成長を促すことができないので、永久歯を抜いてスペースをつくりだす場合が多々あります。小児期から矯正治療を開始すると、顎の骨を柔軟に広げることができるため、抜歯のリスクを減らすことができます。また、ブラケットワイヤー装置で矯正するⅡ期治療が必要になった場合であっても、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。

小児矯正治療で使用する主な矯正装置

プレオルソ

プレオルソという「マウスピース型矯正装置」を使い、歯並びを悪くする原因の1つである口の周りの筋肉や機能を正しく誘導することで、歯を正しい成長に導く矯正装置です。

床矯正装置(拡大床)

歯の土台である顎の骨そのものを最適な大きさに拡大する装置です。顎を広げることによって、歯が並ぶためのスペースをつくりだします。この装置のメリットは、お子様自身で取り外せることです。食事の際や歯磨き、あるいは学校などの人前に出るときは装置を取り外すことが可能です。

 

電話でのご予約はこちら

073-433-7775
診療時間
月・火・水・金 09:00~12:30 / 14:30~19:00
木・土     09:00~12:30
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

24時間ネット予約・ご相談はお気軽に

お子様の歯の治療や矯正治療なら和歌山市の「こじまデンタルクリニック」へ

まずは、お気軽にお問い合わせください