痛みに配慮した治療を実践します

「歯の治療は痛みがつきもの」そう考えていらっしゃいませんか。痛みの感じ方は人それぞれ異なりますので、実際のところ、完全無痛治療というものは存在しません。

しかし、現在では医療技術も向上して、痛みの少ない治療が達成できる環境になっています。当クリニックでは、お子様への言葉かけ・電動注射器・ミニマムインターベンション・レーザー治療などを導入し、できるだけ痛みの少ない治療の実現に取り組んでいます。

その結果、多くのお子様が泣かずに治療を終えたり、「痛くなかった」と笑顔で治療を終えています。

言葉をかけて、リラックスできるように

お子様の「怖い」という心理状態が、痛みを過敏に感じさせます。したがって、お子様がリラックスして治療を受けることができるように、こまめに声かけを行い、できるだけお子様の恐怖心をほぐすように努めています。

痛みを和らげる麻酔の工夫

表面麻酔を行います

治療の痛みを抑えるために行うのが麻酔注射ですが、この注射の際の「チクッ」とした痛みが苦手なお子様は少なくありません。そのため、麻酔注射の前には必ず、歯肉の表面にゼリー状の麻酔薬を塗布する「表面麻酔」を行います。表面麻酔で歯肉表面の感覚を麻痺させることにより、注射針を刺す際の痛みを防ぐことができます。

極細の注射針を使用します

注射針は、太さが太いほど挿入するときの痛みは大きくなります。そこで、注射の痛みを軽減させるために、極細の針を採用しました。また、針を挿入するときは、針自体を動かすのではなく、粘膜を引っ張るようにして挿入することで、ほとんど無痛状態で麻酔を完了するよう工夫しています。

一定の速度で麻酔液を注入します

麻酔注射をする際に、最も痛みを感じやすいのが麻酔液の注入スピードが速い場合です。したがって、一定の速度での麻酔液を注入できるように、電動注射器を導入しています。

電動注射器は、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと理想的な速度で注入することができますので、より麻酔の痛みが少なくなります。治療する歯の状況や部位によっては、手先の感覚で注入量を微調整できる、従来型の麻酔器を使用する場合もあります。

実際、多くのお子様から「痛みがほとんどなかった」「思った以上に楽だった」「あっという間に終わった」という有りがたい評価を頂いています。

できるだけ削らない・神経を取らない治療

当クリニックでは、歯を削る量を必要最小限にとどめ、再発を防ぐことを大切にしています。

これまでの歯科治療では、虫歯の再発防止のために、歯を大きく削り取り、型を取って金属で修復するという方法が主流でしたが、接着性の修復材料の発展で余分な歯質を削ることなく小さな穴で小さく詰める治療が可能になりました。

当クリニックでは、こうした最新の治療を積極的に導入し、「ミニマム・インターベンション」を第一に考えた治療を行なっております。

レーザー治療

「痛みの少ない歯科治療」として認知されつつあるレーザー治療。虫歯や歯周病の治療、口内炎や知覚過敏などの症状緩和、詰め物・被せ物を入れる前など、歯やお口の基本的な治療法として広く用いられるようになりました。当クリニックでは、炭酸ガスレーザーを導入しています。

レーザーは特定の物質、色にしか反応せず、周りの組織を傷つけることなく除去できるので、痛みがほとんどありません。ごく初期の虫歯であれば麻酔をしなくてもほぼ無痛で虫歯の部分をレーザーの熱で溶かしてしまいます。レーザー自体に殺菌力もあるので虫歯の原因となるミュータンス菌を取り除く効果もあります。

歯を削る機器と違い「キーン」という音もならないので歯医者が苦手なお子様の治療には特に有効です。ただ全ての虫歯をレーザーで治療できるわけではありません。進行してしまった虫歯や型を取って金属で修復しなければならない虫歯は、従来と同じく麻酔をして歯を削る処置が必要です。

 

電話でのご予約はこちら

073-433-7775
診療時間
月・火・水・金 09:00~12:30 / 14:30~19:00
木・土     09:00~12:30
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

24時間ネット予約・ご相談はお気軽に

お子様の歯の治療や矯正治療なら和歌山市の「こじまデンタルクリニック」へ

まずは、お気軽にお問い合わせください